用途に応じた選び方

最適な遠隔会議ソリューションを選ぶにはどうしたらいいの?

遠隔地との会議を可能にする遠隔会議ソリューション。そのツールは実に多彩なラインナップ。一見同じように見える各ソリューションシステムはすべて異なりそのメリット、特性は様々です。お客様の利用シーンの環境・目的に合わせて、システムを選ぶことが重要です。

テレビ(ビデオ)会議システム

拠点同士をネットワーク(LAN・WAN)で接続し、拠点に設置されたカメラ・マイクにて遠隔地同士の会議を高画質・高音質で実現するシステムです。AV機器との組み合せで様々なコラボレーションが可能です。

デスクトップ型
会議システム

コンパクトな一体型で、テレビ(ビデオ)会議の品質を自席で使用することが可能になります。PCモニタとの共有も出来き、役員室等での使用にも最適です。

テレプレゼンスシステム

遠隔地のメンバーとその場で対面しているかのような高臨場感を提供する革新的ソリューション。等身大の人物映像とリアルタイムコミュニケーションが可能です。

WEB会議システム

インターネットを使い、パソコンの各種データ(ドキュメントファイル、アプリケーションなど)を共有しながら、映像や音声で会議を行うことが可能です。

音声会議システム

電話回線を利用して、国内・海外の拠点間でいつでも会議を開くことが可能です。

遠隔会議ソリューションの活用展開例

遠隔地とのコミュニケーションツールの導入にはそれぞれの活用シーン、用途に最も適した携帯を選ぶことが重要です。メーカーにとらわれないマルチベンダーの映像センターだから、お客様の環境・コストに応じ、WEB会議・テレビ会議それぞれのシステムの特性をいかしたシステムをご提案いたします。

会議・ミーティング

  • テレビ会議システム
  • デスクトップ型
  • テレプレゼンスシステム
  • WEB会議システム
  • 音声会議システム

ひとくちに遠隔会議といっても環境は様々。高臨場感で自然なコミュニケーションが可能なテレプレゼンスから、自席からの参加が可能なWEB会議やデスクトップ型会議まで広いラインナップから選択可能です。

遠隔会議・教育・研修

  • テレビ会議システム
  • デスクトップ型
  • テレプレゼンスシステム
  • WEB会議システム

すでに多くの教育現場で導入されている遠隔講義のスタイル。より自然なコミュニケーションを可能にして受講者の理解を高める工夫はもちろん、多地点接続で自宅のPCからの受講を可能にするなど、その展開はさらに広がります。


設計・生産プロセス

  • テレプレゼンスシステム
  • WEB会議システム

遠隔地にある生産ラインとも頻繁に連絡が取り合えることで製造現場の工程がスムーズになります。素材、部品のチェック/作業の進捗確認/デザイン、設計のレビューなどクリエイティブなコミュニケーションが活性化します。

海外コミュニケーション

  • テレビ会議システム
  • テレプレゼンスシステム
  • WEB会議システム
  • 音声会議システム

インターネットを通じて、世界中いつでもどこでもつながる現代において海外とのコミュニケーションの需要はさらに高まります。文字だけのやりとりを越え、より自然なコミュニケーションを安定した環境で実現出来ます。


システム障害対応・危機管理

  • テレビ会議システム
  • テレプレゼンスシステム
  • WEB会議システム

緊急時には、離れた拠点の情報をすばやく把握することでダメージを最小限に抑えます。キーマンをすばやく招集し迅速な意思決定が行えます。また、お客様とのホットライン構築により、障害対応や運営支援のサービス展開も可能です。

医療現場

  • テレビ会議システム
  • テレプレゼンスシステム

高画質で安定したテレビ会議システムを利用し、遠隔地からの手術の指示や患者ケアの遠隔サポートが可能になります。もちろん、進歩する医療技術をより早く正確に多くの現場に広げる、医療教育においても高く貢献いたします。


バーチャルオフィス

  • WEB会議システム
  • 音声会議システム

テレワーク等の在宅勤務はオフィス維持にかかるコスト削減の他、通勤の必要がない、自由に労働時間を選べるなどのメリットがあり、交通渋滞や通勤ラッシュの緩和など、社会的なメリットも多く、普及が進んでいます。誰でも操作出来る気軽な遠隔コミュニケーションで新たな勤務形態をバックアップします。

多拠点一斉同報

  • テレビ会議システム
  • テレプレゼンスシステム
  • WEB会議システム

本部と全国の他拠点、チェーン店間を密接に結ぶことで、円滑なコミュニケーションが生まれます。日々変化する商品の販売方法など、各拠点同士の指示・報告事項がタイムリーに行えます。また、幹部などからの訓示も一斉に、全社員・スタッフで共有が可能になります。